080「諦め」
「あきらめ」の「諦」の字は、

「あきらめる・断念する」という意味と、
「真理・さとる」という意味とを持っている。

しかし、一見まるで異なるようなこれらの意味は、本来は繋がっている。それは、こういうことだ。

「そこにある現実を、ありのままに受けとめる。」

諦めとは投げやりに放棄することではない。そこにある現実をあきらかに飲み込んで、抱きとめ、飛び込み、そこから歩みを進めるための光明を見出す智恵にほかならない。

前へ 夢甲羅TOP 次へ